日本語 English ホーム プロフィール 論文・発表 研究課題

研究論文(査読あり)

  1. 山田真澄 (2017). 2016年熊本地震で益城町に現れた震災の島とその生成要因の考察. 日本地震工学会論文集 (in press). pdf
  2. Yamada, M., J. Ohmura, and H. Goto (2017). Wooden building damage analysis in Mashiki town for the 2016 Kumamoto earthquakes on April 14 and 16, Earthquake Spectra (in press). pdf
  3. 山田雅行, 山田真澄, 羽田浩二, 藤野義範, Jim MORI, 坂上啓, 林田拓己, 深津宗祐, 西原栄子, 大内徹, 藤井章男 (2017). 2016年熊本地震における益城町での被害メカニズムの解明 〜地盤特性の影響〜. 土木学会論文集A1(構造・地震工学), 地震工学論文集第36巻 (in press). pdf
  4. Yamada, M., J. Mori and Y. Matsushi (2016). Possible stick-slip behavior before the Rausu landslide inferred from repeating seismic events. Geophysical Research Letters, 43, doi:10.1002/2016GL069288, 2016.9. journal pdf
  5. Yamada, M., T. Hayashida, J. Mori and W. Mooney (2016). Building damage survey and microtremor measurements for the source region of the 2015 Gorkha, Nepal, earthquake. Earth, Planets and Space, Vol. 68, doi: 10.1186/s40623-016-0483-4, 2016.7. journal pdf
  6. Yamada, M., A. Mangeney, Y. Matsushi and L. Moretti (2016). Estimation of dynamic friction of the Akatani landslide from seismic waveform inversion and numerical simulation. Geophysical Journal International, Vol. 206, pp.1479-1486, doi: 10.1093/gji/ggw216, 2016.6. journal pdf
  7. Wu, S, M. Yamada,, K. Tamaribuchi, and J. Beck (2015). Multi-events Earthquake Early Warning algorithm using a Bayesian approach. Geophysical Journal International, Vol.200-2, pp.789-806, doi: 10.1093/gji/ggu437, 2015.2. journal pdf
  8. 溜渕功史, 山田真澄, Wu Stephen (2014). 緊急地震速報のための同時多発地震を識別する震源推定手法. 地震 第2輯 67巻2号, pp.41-55, 2014.11. journal pdf
  9. 山田真澄, 溜渕功史, Wu Stephen (2014). 高精度・高速の緊急地震速報を目指して -気象庁観測網とHi-netの統合処理-. 日本地震工学会論文集, Vol.14-4, pp.21-34, 2014.8. journal pdf
  10. Liu, A. and M. Yamada (2014). Bayesian Approach for Identification of Multiple Events in an Early Warning System. Bulletin of the Seismological Society of America, Vol.104-3, pp.1111-1121, 2014.6. journal pdf
  11. 樋本圭佑, 山田真澄, 西野智研 (2014). 平成23年東北地方太平洋沖地震における津波浸水区域外の出火傾向の分析, 日本建築学会環境系論文集 , Vol.79, No. 697, pp.219-226, 2014.7. journal pdf
  12. Himoto, K., M. Yamada, T. Nishino (2014). Analysis of Ignitions Following 2011 Tohoku Earthquake Using Kawasumi Model, 11th International Symposium on Fire Safety Science Proceedings, 2014.2. journal pdf
  13. Yamada, M., H. Kumagai, Y. Matsushi, and T. Matsuzawa (2013). Dynamic Landslide Processes Revealed by Broadband Seismic Records, Geophysical Research Letters, doi:10.1002/grl.50437, 2013.6. journal pdf
  14. 山田真澄, 羽田浩二, 山田雅行, 藤野義範, 福田由惟 (2013). 自治体の建物被害認定調査結果の学術研究への利用―2011年長野県北部の地震を対象として―, 日本建築学会技術報告集, Vol.19, No.41, pp.357-362, 2013.2. journal pdf
  15. 岡本佳久, 赤澤隆士, 山田真澄, 大西良広, 林康裕 (2013). 連続地震観測記録に基づく超高層建物の振動特性評価, 日本建築学会技術報告集, Vol.19, No.41, pp.59-64, 2013.2. journal pdf
  16. Yamada, M., Y. Matsushi, M. Chigira, and J. Mori (2012). Seismic recordings of the Landslides caused by Typhoon Talas, Geophysical Research Letters, Vol.39, L13301, doi:10.1029/2012GL052174, 2012.7. journal pdf
  17. 福島康宏, 山田真澄, 後藤浩之 (2012). 臨時余震観測記録を用いた東北地方太平洋沖地震における登米市迫町佐沼の地震動推定, 土木学会論文集A1,Vol.68,No.4 (地震工学論文集Vol.31-b), pp.I_119-I_125, 2012.7. journal pdf
  18. Smyth, C., M. Yamada, and J. Mori (2012). Earthquake Forecast Enrichment Scores, Research in Geophysics, doi: 10.4081/rg.2012.e2, 2012.2. journal
  19. 山田真澄, 山田雅行, 福田由惟, スマイス・クリスティン, 藤野義範, 羽田浩二(2012). 2011年長野県北部の地震の震源近傍における高密度の地震動推定と木造建物被害との比較, 日本地震工学会論文集, Vol.12-1, pp.20-30, 2012.2. journal pdf
  20. Yamada, M. and J. Mori (2012). Trajectory of the August 7, 2010 Biwako Fireball Determined from Seismic Recordings. Earth, Planet and Space, Vol.64-1, pp.27-35, 2012.3. journal pdf
  21. Smyth, C., J. Mori, and M. Yamada (2011). Investigating the Distributions of Differences between Mainshock and Foreshock Magnitudes, Bulletin of the Seismological Society of America, Vol.101-6, pp.2626-2633, 2011.12. journal pdf
  22. Yamada, M., A. Olsen and T. Heaton (2011). Reply to "Comment on 'Statistical Features of Short-Period and Long-Period Near-Source Ground Motions' by Masumi Yamada, Anna H. Olsen, and Thomas H. Heaton" by Roberto Paolucci, Carlo Cauzzi, Ezio Faccioli, Marco Stupazzini, and Manuela Villani. Bulletin of the Seismological Society of America, Vol.101-2, pp.919-924, 2011.4. journal pdf
  23. Yamada, M., M. Yamada, K. Hada, S. Ohmi, and T. Nagao (2010). Spatially Dense Velocity Structure Exploration in the Source Region of the Iwate-Miyagi Nairiku Earthquake. Seismological Research Letters, No.81-4, 2010.7. journal pdf
  24. Yamada, M., J. Mori, and S. Ohmi (2010). Temporal Changes of Subsurface Velocities during Strong Shaking as Seen from Seismic Interferometry. Journal of Geophysical Research, Vol.115, B03302, doi:10.1029/2009JB006567. journal pdf
  25. 鈴木恭平, 川辺秀憲, 山田真澄, 林康裕 (2010). 断層近傍のパルス地震動特性を考慮した設計用応答スペクトル, 日本建築学会構造系論文集, No.647, pp.49-56. journal pdf
  26. Yamada, M., A. Olsen and T. Heaton (2009). Statistical Features of Short- and Long-Period Near-Source Ground Motions. Bulletin of Seismological Society of America, No.99-6, pp. 3264-3274. journal pdf
  27. Yamada, M., J. Mori, and T. Heaton (2009). The Slapdown Phase in High Acceleration Records of Large Earthquakes. Seismological Research Letters, No.80-4, pp. 559-564. journal pdf
  28. Yamada, M. and J. Mori (2009). Using Tau_c to Estimate Magnitude for Earthquake Early Warning and Effects of Near-field Terms, Journal of Geophysical Research, Vol. 114, No. B5, B05301, 2009.5. journal pdf
  29. 山田真澄, 宮地周吾郎, 森井雄史, 林康裕 (2009). 即時被害予測のための建物内地震動増幅度の簡易推定手法, 日本地震工学会論文集, Vol.9, No.1, pp. 83-93, 2009.2. journal pdf
  30. Oh, C., J. Beck, and M. Yamada (2008). Bayesian Learning using Automatic Relevance Determination Prior for Earthquake Early Warning, Journal of Engineering Mechanics, No.134-12, pp. 1013-1020. journal pdf
  31. 清水秀丸, 新井洋, 森井雄史, 林康裕, 山田真澄 (2008). 2007年能登半島地震における被災木造建物の耐震性能と地域特性の評価, 日本建築学会構造系論文集, No. 631, pp. 1503-1510. journal pdf
  32. 山田真澄, 林康裕, 森井雄史, 朴舜千, 大西良広, 清水秀丸 (2008). 2007 年新潟県中越沖地震における社寺被災度とPGV 推定, 日本建築学会技術報告集, Vol.14, No.27 pp.351-356. journal pdf
  33. Yamada, M. and T. Heaton (2008). Real-time Estimation of Fault Rupture Extent using Envelopes of Acceleration. Bulletin of the Seismological Society of America, No.98-2, pp. 607-619, 2008.4. journal pdf
  34. 新井洋, 森井雄史, 山田真澄, 清水秀丸, 林康裕 (2008). 2007年能登半島地震の震源域における最大地動速度の評価と木造住宅被害の要因分析, 日本建築学会構造系論文集, No.624, pp.227-234. journal pdf
  35. Yamada, M., S. Park, and J. Mori (2008). The 2007 Noto Peninsula, Japan Earthquake(Mw6.7): Damage to Wooden Structures. Seismological Research letters, No.79-1, pp.20-24. journal pdf
  36. Yamada, M., T. Heaton, and J. Beck (2007). Real-Time Estimation of Fault Rupture Extent Using Near-Source versus Far-Source Classification. Bulletin of the Seismological Society of America, No.97-6, pp.1890-1910, 2007.12. journal pdf
  37. 山田真澄, 鈴木祥之, 後藤正美, 清水秀丸 (2004). 単位木造フレームを用いた動的・静的実験による木造軸組の耐震性能評価, 日本建築学会構造系論文集No.582, pp.95-102, 2004.8 journal pdf

研究論文(その他)

  1. Yamada, M., M. Miyoshi and M. Horike (2016) Evaluation of Effective Input Motions to Structures Using Seismograms Recorded at Structure Foundations and Free Field. 5th IASPEI / IAEE International Symposium: Effects of Surface Geology on Seismic Motion, Taipei, August 15-17, 2016. pdf
  2. 山田真澄, 林田拓己, J. Mori, W. Mooney (2016). 2015年ネパールゴルカ地震の建物被害調査と常時微動計測. 京都大学防災研究所年報, pp.65-73. pdf
  3. Yamada, M. and J. Mori (2015). Seismic Observations of the Sonic Boom Produced by the Chebarkul Meteorite. 京都大学防災研究所年報, pp.47-52. pdf
  4. Yamada, M., M. Hashimoto, Y. Fukushima, Y. Matsushi, and M. Chigira (2014). Automatic Detection of Landslides from SAR Images: Application to the 2011 Kii Landslides. Proceedings of the 2013 Asia-Pacific Conference on Synthetic Aperture Radar, pp. 245-248. journal pdf
  5. 山田真澄, 福島康宏, 後藤浩之 (2013). 2011年東北地方太平洋沖地震の余震被害調査報告. 京都大学防災研究所年報. journal
  6. 樋本圭佑, 山田真澄, 西野智研 (2013). 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震後の出火状況アンケート調査 (その5 世帯あたり出火件数といくつかの地震動指標の関係). 日本火災学会誌「火災」323号, Vol.63, No.2, pp.13-18, 2013.4.
  7. Yamada, M., M. Yamada, Y. Fukuda, C. Smyth, Y. Fujino, and K. Hada (2012). Estimation of Strong Motion during the 2011 Northern Nagano Earthquake and an Associated Building Damage Survey. 15th World Conference on Earthquake Engineering, No.117. pdf
  8. Hayashi, Y., M. Sugino, M. Yamada, N. Takiyama, Y. Onishi and T. Akazawa (2012). Consecutive vibration characteristics monitoring of high-rise steel building. Proceedings of the 7th International Conference on Behaviour of Steel Structures in Seismic Areas, Mazzolani & Herrera (eds), pp.1065-1070. pdf
  9. Sagiya T., H. Kanamori, Y. Yagi, M. Yamada, and J. Mori (2011). Rebuilding seismology. Nature, 473, pp.146-148, doi:10.1038/473146a. journal pdf
  10. 樋本圭佑, 向坊恭介, 山田真澄 (2010). 地震災害の統合的被害予測手法の開発に向けた検討. 京都大学防災研究所年報. journal pdf
  11. 山田真澄, 林康裕, 鈴木恭平 (2009). 断層近傍の地震記録に基づくパルス性地震動の設計荷重の定式化. 近畿支部耐震構造部会シンポジウム, pp.33-42, 2009.10.
  12. 林康裕, 鈴木恭平, 多幾山法子, 山田真澄 (2009). パルス性地震動の特性化に関する考察. 近畿支部耐震構造部会シンポジウム, pp.27-32, 2009.10.
  13. 山田真澄, 福島康宏, 末冨岩雄 (2009). 岩手宮城内陸地震の建物被害調査報告. 京都大学防災研究所年報, pp.241-248. pdf
  14. Yamada, M., Y. Hayashi, T. Morii, S. Park, H. Kambara, Y. Onishi and H. Shimizu (2008). Ground Motion Estimation in the Near-source Region during the 2007 Niigata-ken Chuetsu-oki Earthquake. 14th World Conference on Earthquake Engineering, No.02-0046. pdf
  15. Shimizu, H., H. Arai, T. Morii, M. Yamada, and Y. Hayashi (2008). Seismic Performance of Wooden Houses Damaged in the 2007 Noto Hanto Earthquake and Evaluation of Structural Regionality. 14th World Conference on Earthquake Engineering, No.S12-026. pdf
  16. Yamada, M. and J. Mori (2008). Early Warning for the 2007 Noto Hanto Earthquake. 京都大学防災研究所年報, pp.205-212. pdf
  17. Arai, H., T. Morii, M. Yamada, H. Shimizu, and Y. Hayashi (2008). Effects of Local Site Amplification on Damage to Wooden Houses in Near-source Region for the 2007 Noto Hanto Earthquake. Proceedings of the Fifth International Conference on Urban Earthquake Engineering, pp. 294-300. pdf
  18. Yamada, M., T. Heaton, and J. Beck (2007). Early Warning Systems for Large Earthquakes: Classification of Near-source and Far-source Stations by using the Bayesian Model Class Selection Approach, Proceedings of the 10th International Conference on Applications of Statistics and Probability in Civil Engineering, Tokyo, Japan, July 2007. pdf
  19. Shimizu, H., I. Iwamoto, M. Yamada, and Y. Suzuki (2006). Seismic Performance Evaluation of Penetrating Tie Beam with Large Cross-Section by Full-Scale Shaking Tests, 9th World Conference on Timber Engineering, Portland, US, No.113.
  20. Yamada, M., Y. Suzuki, and M. Gotou (2004). Seismic Performance Evaluation of Japanese Wooden Frames, 13th World Conference on Earthquake Engineering, Vancouver, Canada, August 2004, No.753. pdf
  21. 鈴木祥之, 後藤正美, 山田真澄 (2002). 単位木造フレームを用いた振動台実験による木造軸組の耐震性能評価, 第11回日本地震工学シンポジウム論文集, pp.1511-1516, 2002.11. pdf
  22. 後藤正美, 山田真澄, 鈴木祥之 (2002). 木造軸組の動的・静的実験による耐震性能評価, 第11回日本地震工学シンポジウム論文集, pp.1517-1522, 2002.11. pdf

著書・報告書

  1. 山田真澄 (2014).「せまる危険をいち早く知ろう 地震発生ならすぐ避難」を執筆。巨大地震 なぜ起こる?そのときどうする?京都大学防災研究所編、PHP研究所 No.69, 2014.2.3 book
  2. 山田真澄 (2014). 2011年3月12日長野県北部の地震 東日本大震災合同調査報告, 共通編1 地震と地震動, 5.4節, pp. 196-202, 東日本大震災合同調査報告書編集委員会. book pdf
  3. Yamada, M. (2014). Estimation of Fault Rupture Extent Using Near-source Records for Earthquake Early Warning. Wenzel, Friedemann, Zschau, Jochen (Eds.), Early Warning for Geological Disasters, Chapter 2, pp.29-47, ISBN 978-3-642-12233-0, Springer. book pdf
  4. Yamada, M., M. Yamada, Y. Fukuda, C. Smyth, Y. Fujino, and K. Hada (2013). Estimation of Strong Motion During the 2011 Northern Nagano Earthquake and an Associated Building Damage Survey. Studies on the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake, Chapter 7, pp.87-101, Springer. book

国際学会における発表 Show all

  1. Yamada, M (2017). How to prepare for a strong shaking? Earthquake early warning in Japan (Invited), Recent Advances in Earthquake, Tsunami, and Volcano Monitoring, Hazard Evaluation, and Disaster Management in Latin America, Quito, Ecuador, March 14-16, 2017.
  2. Yamada, M and Y. Nishimae (2016). How did the earthquake early warning perform for the 2016 Kumamoto earthquakes? (Invited), AGU fall meeting, San Francisco, US, December 12-16, 2016.
  3. Yamada, M, J. Mori, and Y. Matsushi (2016). Repeating Seismic Events Indicate Stick-slip Behavior Before the Rausu Landslide, AGU fall meeting, San Francisco, US, December 12-16, 2016.
  4. Ishida, H., and M. Yamada (2016). Improvement of a picking algorithm: real-time P-wave detection by kurtosis, AGU fall meeting, San Francisco, US, December 12-16, 2016.
  5. Mori, J., M. Yamada, H. Sakaue, M. Yamada, K. Hada, Y. Fujino, S. Fukatsu, E. Nishihara, T. Ouchi, A. Fujii, and T. Hayashida (2016). Site Response Study of the Severely Damaged Region of Mashiki Town from the 2016 Kumamoto Earthquakes, Eastern Section of the Seismological Society of America, Reston, Virginia, US, October 24-26, 2016.
  6. Yamada, M., M. Miyoshi and M. Horike (2016) Evaluation of Effective Input Motions to Structures Using Seismograms Recorded at Structure Foundations and Free Field. 5th IASPEI / IAEE International Symposium: Effects of Surface Geology on Seismic Motion, Taipei, August 15-17, 2016.
  7. Yamada, M. (2016). How to Prepare for a Strong Shaking? Earthquake Early Warning in Japan (Invited), AAAS Annual Meeting, Washington DC, US, February, 2016.

国内学会における発表 Show all

  1. 石田寛史, 山田真澄 (2016). kurtosis(尖度)を利用したP波検知手法〜東北地方太平洋沖地震の連続波形記録への適用〜, 東京大学地震研究所研究集会「地震のリアルタイムモニタリングと情報の利活用」, 東京, 2016.11.24-25.
  2. 山田真澄, 林元直樹, 西前裕司 (2016). Hi-netと気象庁観測点を統合したIPF法-2016 年熊本地震への適用, 東京大学地震研究所研究集会「地震のリアルタイムモニタリングと情報の利活用」, 東京, 2016.11.24-25.
  3. 山田雅行, 山田真澄, 羽田浩二, 藤野義範, Jim MORI, 坂上啓, 林田拓己, 深津宗祐, 西原栄子, 大内徹, 藤井章男 (2016). 2016年熊本地震における益城町での被害メカニズムの解明 〜地盤特性の影響〜. 第36回地震工学研究発表会, 金沢, 2016.10.17-18.
  4. 山田真澄, Jim Mori, 松四雄騎 (2016). 羅臼地すべりに先行するスティックスリップ現象の検出, 日本地震学会秋季大会, 名古屋, 2016.10.5-7.
  5. 林田拓己, 山田真澄, Jim Mori, 坂上啓, 山田雅行, 羽田浩二, 藤野義範, 深津宗祐, 西原栄子, 大内徹・藤井章男 (2016). 2016年熊本地震における益城町での被害メカニズムの解明:その3余震観測, 日本地震学会秋季大会, 名古屋, 2016.10.5-7.
  6. 山田雅行, 山田真澄, Jim Mori, 坂上啓, 林田拓己, 羽田浩二, 藤野義範, 深津宗祐, 西原栄子, 大内徹・藤井章男 (2016). 2016年熊本地震における益城町での被害メカニズムの解明:その2常時微動観測結果, 日本地震学会秋季大会, 名古屋, 2016.10.5-7.
  7. 山田真澄, Jim Mori, 坂上啓, 林田拓己, 山田雅行, 羽田浩二, 藤野義範, 深津宗祐, 西原栄子, 大内徹・藤井章男 (2016). 2016年熊本地震における益城町での被害メカニズムの解明:その1建物被害調査, 日本地震学会秋季大会, 名古屋, 2016.10.5-7.
  8. 山田真澄, 大邑潤三, 後藤浩之 (2016). 2016年熊本地震における前震と本震の益城町の建物被害, 日本地球惑星連合大会, 千葉, 2016.5.20-25.
  9. Yamada, M., J. Mori, and Y. Matsushi (2016). Stick-slip Motion Preceding a Landslide, 日本地球惑星連合大会, 千葉, 2016.5.20-25.
  10. 石田寛史, 山田真澄 (2016). 地震波検知手法の改良:kurtosis(尖度)を利用したリアルタイムP波検知, 日本地球惑星連合大会, 千葉, 2016.5.20-25.

その他

アウトリーチ活動やマスメディア等への貢献
  1. 2016年11月5日 京都市防災協会開催の平成28年度災害に強いまちづくり講座にて「知ってるつもりの緊急地震速報」と題して講演を行う。 article
  2. 2016年10月13日 NHK大阪放送局 関西ラジオワイド防災コラムにて、緊急地震速報に関する研究を紹介。
  3. 2016年6月30日 EERI Learning from Earthquakes Briefing Videosのウェブサイトに、熊本地震に関してGround motions and early warningと題してミニレクチャーを提供。 website
  4. 2016年2月29日 NHK大阪放送局 関西ラジオワイドぼうさい夢トーク Next Generations!にて、緊急地震速報に関する研究を紹介。
  5. 2015年11月20日 株式会社ANET開催の第6回緊急地震速報利用者懇談会にて「実用地震学:揺れる前に地震を知らせる」と題して講演を行う。 website
  6. 2015年10月24日 防災・地震フォーラム in 京都にて講演とパネルディスカッションを行う。 article
  7. 2015年6月10日 日本地震学会ニュースレター(第68巻第NL2号)に「やる気があれば,なんとかなる―アメリカ留学体験記」を寄稿。 article
  8. 2014年6月1日 Kyoto University Research Activities(Vol.4 No.1)に研究紹介を寄稿。article
  9. 2014年5月3日 埼玉県栄東高校のサイエンスクラブにて、「もっと良くなる緊急地震速報」と題して講演を行う。
  10. 2014年4月23日 冊子「未来に繋がる青いリボンのエトセトラ」(未来の女性研究者へ)にインタビュー記事が掲載。article
  11. 2014年3月31日 ペーパークラフト地球儀(英語版)を作成。website
  12. 2013年6月10日 日本地震学会ニュースレターVol 25, No.2の表紙を制作。 article
  13. 2013年6月5日 京都府立命館宇治中学にて、地理の時間に出前授業を行い、ペーパークラフトを利用して地球の仕組みを解説。
  14. 2013年4月1日 日本地震学会広報紙「なゐふる」にインタビュー記事が掲載。article
  15. 2013年3月31日 地震本部ニュース第5巻第11号の地震研究の最先端に、「リアルタイム地震情報」題して寄稿。article
  16. 2013年4月16日 ペーパークラフト地球儀を作成。website
  17. 2012年12月20日 朝日21関西スクエアの2012年度会員交流会にて、「社会に役立つ地震学とは」と題して講演を行う。
  18. 2012年11月5日 NHK大阪放送局 関西ラジオワイドぼうさい夢トークにて、緊急地震速報に関する研究を紹介。
  19. 2012年9月2日 京都大学アカデミックデイにおいて、地震計を使ったリアルタイム地すべりモニタリングと題してポスター発表を行う。
  20. 2012年3月31日 宇治キャンパス避難支援マップを作成。pdf(学内限定)
  21. 2011年9月30日 防災研究平成23年度公開講座 (第22回)において, 「実用地震学:揺れる前に地震を知らせる」と題して講義を行う。
  22. 2008年11月19日 DPRI Training Course on Seismology in conjunction with ASCにおいて, 「Real-time Seismology」と題して講義を行う。
  23. 2007年9月11日 午後6:10〜7:00 NHK かんさいニュース1番 にて緊急地震速報について解説。
  24. 2007年9月4日 午後6:10〜7:00 NHK ニュース610 京いちにち にて緊急地震速報について解説。
  25. 2005年10月12日 大阪府市町村職員海外研修において「リアルタイム地震防災−地震の被害とその対策について」と題して講義を行う。
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
  1. 山田真澄:ドローンを使った災害調査 事例5 ドローンを利用した3次元モデルの作成, 防災研究所ニューズレター No.82, 2016.11 pdf
  2. 福岡浩, 山田真澄:平成25年10月16日伊豆大島土砂災害, 防災研究所ニューズレター No.71, 2014.2 pdf
  3. 福岡浩, 松四雄騎, 山田真澄:平成25年4月浜松市天竜区春野町地すべり, 防災研究所ニューズレター No.69, 2013.8 pdf
  4. 山田真澄:岩手沿岸北部地震---なぜ緊急地震速報は間に合わなかったのか?防災研究所ニューズレター No.50, 2008.11 pdf
  5. 鈴木祥之, 清水秀丸, 山田真澄, 後藤正美: 木造軸組構造法の振動台実験による耐震性能評価, 日本地震工学会誌, pp.8-11, 2005.8
学会・研究会における座長等
  1. 2016.05 日本地球惑星科学連合大会: Earthquake early warning developments around the world セッション 座長&コンビーナ.
  2. 2015.06 IUGG: Seismological Observation and Interpretation: Real-Time Seismology and Early Warning セッション 座長&コンビーナ.
  3. 2015.05 日本地球惑星科学連合大会: リアルタイム地震情報システムの発展と利活用 セッション 座長&コンビーナ.
  4. 2014.05 日本地球惑星科学連合大会: リアルタイム地震情報システムの発展と利活用 セッション コンビーナ.
  5. 2013.07 IASPEI: Real-time seismology セッション 座長&コンビーナ.
  6. 2013.05 日本地球惑星科学連合大会: リアルタイム地震情報システムの発展と利活用 セッション コンビーナ.
  7. 2012.09 日本建築学会大会 2011 年東日本大震災:構造被害 セッション 座長.
  8. 2012.05 日本地球惑星科学連合大会: リアルタイム地震情報システムの発展と利活用 セッション 座長&コンビーナ.
  9. 2011.08 Asia and Oceania Geoscience Society (AOGS) meeting: Earthquake Early Warning セッション 座長&コンビーナ.
  10. 2011.08 日本建築学会大会 地震情報・防災(5):地震情報システム セッション 座長.
  11. 2011.05 日本地球惑星科学連合大会 緊急地震速報と今後の発展:地象予測監視に向けて 座長.
  12. 2011.05 日本地球惑星科学連合大会 緊急地震速報と今後の発展:地象予測監視に向けて コンビーナ.
  13. 2010.10 日本地震学会秋季大会 地震活動, 地震一般・その他 セッション 座長.
  14. 2010.05 日本地球惑星科学連合大会 緊急地震速報:更なる迅速化と精度の向上 座長&コンビーナ.
  15. 2009.12 AGU meeting, Innovations and Advances in Earthquake Early Warning Systems Around the World III: Methods, Sensors, and Networks セッション 座長.
  16. 2009.10 日本地震学会秋季大会 地盤構造・地盤震動 セッション 座長.
  17. 2009.05 日本地球惑星科学連合大会 緊急地震速報:減災のためのさらなる進展を目指して セッション 座長.
  18. 2009.05 日本地球惑星科学連合大会 緊急地震速報:減災のためのさらなる進展を目指して セッション コンビーナ.
  19. 2009.04 The 2nd International Workshop on Earthquake Early Warning オーガナイザー.
  20. 2008.11 日本地震学会ASC&SSJ2008 プログラム委員.
  21. 2008.10 第14回世界地震工学会議 Observation and analysis of ground motions セッション 座長.
  22. 2007.10 日本地震学会秋季大会 リアルタイム地震情報 セッション 座長.
Copyright (C) 2006 Masumi Yamada, All rights reserved.